京都の内科 循環器内科、谷口医院

医療法人 啓誠会 谷口医院 内科・循環器内科
〒604-8844 京都市中京区壬生桧町14

☎ 075-314-8910
京都 中京区 - 内科 循環器内科 | 谷口医院イメージ画像
谷口医院 内科 循環器内科の概要トップ

インフルエンザが中京区でも流行しています

インフルエンザA型が、京都市中京区地域でも流行しています。ニュースでは、病院や介護施設での集団感染が話題になっていますが、家庭内での蔓延も気になりますね。

インフルエンザの予防法

加温、加湿、空気の入れ替え、マスクの着用、うがい、手洗いの励行などが一般的に勧められています。加えて、リスクの大きい方には対しては、リレンザ、タミフルの予防投薬も承認されております。
※リレンザ、タミフルの予防投薬は、予防医療で保険はききません。でも、効果的な場合もありますので、ご相談ください。

子供さんへのタミフルの投薬は?

インフルエンザに伴う異常行動とタミフルの間には、因果関係は無い...と、されてはいますが、10代の子供さんには、原則投薬をしないことになっています。(リレンザは使用可能です)
小児のドライシロップは、水に溶かすとかなり苦くなります。しかし、大事なお薬ですので、飲ませ方には工夫をしてあげてください。

注意事項

途中で内服をやめると、タミフル耐性菌を増やすことにもなりかねません。しっかり、最後の1包まで内服してください。

お手間でなければ、この記事の評価(5つ星が満点)をお願いします。
[発信日:2009-01-27]
以前の記事はこちら ▸
ページの先頭へ戻る