京都の内科 循環器内科、谷口医院

医療法人 啓誠会 谷口医院 内科・循環器内科
〒604-8844 京都市中京区壬生桧町14

☎ 075-314-8910
京都 中京区 - 内科 循環器内科 | 谷口医院イメージ画像
谷口医院 内科 循環器内科の概要トップ

すこやか健康教室
「歯の健康・8020運動」のご報告

斉藤歯科医院の斉藤知己先生の講演

11月14日(土)に、本年度最後の健康まつりを開催いたしました。約80名のご参加をいただきました。
斉藤歯科医院の斉藤知己先生からは、歯を守ることの大切さや、歯周病が動脈硬化の危険因子になるなどの最新情報まで、また歯の“美白”治療に関する解説など、多岐にわたる内容を御講演していただきました。

谷口医院からは、院長によるインフルエンザの最新情報のご提供

当日、多かった質問をまとめてみましたのでご参照ください。

Q1 マスクはしても無駄なの?

 完全ではないものの、飛沫感染を防ぐある程度の効果はあります。 とくに感染している可能性のある人と接触する際や、人ごみの中に出かける時などには有用です。

Q2 手洗い・うがいは無駄なの?

 喉や鼻の粘膜からは、ウイルスはすぐに体内に入ってしまいます。うがいは頻回にすることが大切です。 また、手に付いたウイルスは皮膚の強いバリアのために、長くそのままの状態にあります。ウイルスのついた手を鼻や口にもっていくと、感染してしまします。手洗いや手指衛生が大切です。

Q3 「咳エチケット」とは?

せき・くしゃみがでたら・・
他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。
マスクをもっていない場合は、他の人から顔をそらせ、ティッシュなどで口と鼻をおおいましょう。
鼻汁、たんなどを含んだティッシュは、ふたつきのゴミ箱にすてましょう。その後、よく手を洗いましょう。
外出時は、ポケットティッシュを携帯しましょう。

Q4 新型インフルエンザワクチン接種は始まっていますか?

当院には、11月13日に、ようやく約20名分のワクチンが入荷しました。最優先接種対象リストの方へ11月17日から接種を開始します。
12月にはワクチンがかなり流通するようですので、現時点では優先接種対象者(喘息などの基礎疾患のある方や、小学校低学年までの小児、他の医療機関からの証明をもらておられる方など)の予約は、12月上旬に開始できる模様です。

歌の会「櫻の会」の方々より

コーヒーブレイクの後、“櫻の会”による楽しい歌謡ショーの催し物があり、とても楽しい会になりました。

お手間でなければ、この記事の評価(5つ星が満点)をお願いします。
[発信日:2009-11-16]
以前の記事はこちら ▸
ページの先頭へ戻る