京都の内科 循環器内科、谷口医院

医療法人 啓誠会 谷口医院 内科・循環器内科
〒604-8844 京都市中京区壬生桧町14

☎ 075-314-8910
京都 中京区 - 内科 循環器内科 | 谷口医院イメージ画像
谷口医院 内科 循環器内科の概要トップ

すこやか健康教室のご報告
「冷え症にも効果大~生姜の力~」

生姜を選ぶときには、太くてハリが良いのが新鮮・・と言われています。

根生姜

根生姜 根生姜

秋に収穫し、2ヶ月以上貯蔵されてから出荷されます。
根生姜は、硬くて繊維質を豊富に含んでいます。また、色が濃く、辛味も香りも強いのが特徴で、免疫力アップに効果が高いと言われています。


新生姜

新生姜 新生姜

初夏~秋にかけて出回ります。
根生姜よりも辛味が少なく、肉質もやわらかいのが特徴で、殺菌力が強いと言われています。
生食や酢漬けに最適です。


葉生姜

葉生姜 葉生姜

根茎が小さい状態で初夏に早掘りし、歯がついたまま出荷されます。
刺激が食欲増進につながると言われています。
生食や漬物にするのが一般的です。


生姜のあれこれ

身体を温める生姜の食べ方
・ 1日10g程度が目安
・ 加熱する
・ 朝一番にとる

生姜の成分
シンゲロール
生の生姜に含まれ、免疫力を高める作用が強力。抗炎症作用や殺菌効果がある。酸化されやすく、空気に触れると3分で減り始め、15分後には3割程度まで減ってしまう。
ショウガオール
血行を良くし発汗を促し、身体を温める効果がある成分。シンゲロールを加熱するとショウガオールに変化する。
ジンゲロン
血液の循環を促し、内臓の働きを活発にしたり、殺菌作用や血液上昇作用を発揮する成分

美味しく食べるコツ
煎じたり炒めたりする時は、みじん切り、薄切り(繊維に沿って薄切りに)に。
生のまま薬味にする時は、すりおろし(繊維を断ち切るように)に。

保管の仕方
使いかけの生姜は、皮つきのまま湿ったキッチンペーパーで包み、ラップなどでしっかり覆って野菜室で保管する。
※タッパーに水を入れて、生姜が空気に触れないように野菜室で保管する。
刻んだり、すりおろしたりした生姜は、密閉できるビニル袋に入れて空気を抜き、薄く平らにして野菜室に保管する。
※絞り汁を製氷機で凍らせ、キューブ上で保管する。

お手間でなければ、この記事の評価(5つ星が満点)をお願いします。
[発信日:2013-03-13]
以前の記事はこちら ▸
ページの先頭へ戻る